片山右京選手と北川えり選手

片山右京選手からのメッセージ

身体障害者モータースポーツ振興会の皆さんこんにちは!片山 右京です。
僕自身、登山や自転車旅行など様々な事にチャレンジしている理由は、単に広告塔としてレースに出るのだけではなく、 自分がチャレンジする事で、観ている人々に夢や希望を持って頂ければと思っています。と言っても登山は完全に個人的な趣味ですけどね!(笑)
実はある人から手紙を受け取った。チーム右京の活動を見て、障害を持ってる子供を産んで悩んできた自分だったが、 外に連れ出すようになったと云う。それも、チャレンジだし、夢なんだと思う。
今は現代人の内面の葛藤、自然環境問題、交通事故、子供たちのことについての現状を、 みなさんにもっと知って欲しいと考えている。自分に対して、社会に対して、 自然に対しての視野を広げて行くには、個人がまず「知る」ことが大切だと僕は思います。




片山 右京選手のオフィシャルサイトはこちらです


実は右京選手は障害を持つ方々と一緒に何か出来ないかなぁ?ってインターネットで検索していたら 当振興会のHPに辿り着いたので、実は私達の事を以前から知っていたそうなんです。
当日は私達もブースを出していましたので、図々しくピットに押しかけて色んな話をさせてもらいました。 レーシングドライバーとしてでは無く、同じ車を運転する”一ドライバー”としてお互いに何か共に行動できるんじゃないか? と強く感じました。右京選手が今回Joy耐に参加したもの、『人と地球に優しい』廃油をリサイクルしたバイオ燃料を使用することで、皆さんに新しい車への取り組みというか、 可能性を知って頂ければと思い参加したそうです。
右京選手自身、障害者ドライバーの事についてはこれから勉強してくれるそうで、 共に同じ目的に向かって行動できるとお互いに認識できたと思います。共に学び合いながら同じ目的に向かって 一緒にチャレンジしていきましょう!!と握手をしてピットを後にしました。
後日右京選手から連絡があり、『9月18日に、チャレンジリレーマラソンをやるんだけど一緒にやりませんか?』と お誘いを受けました。障害をお持ちの方の受付を当振興会の方でも行って、一緒に盛り上げましょう!と言うことになり、 当振興会に於いても受付を開始いたします。
詳しくはEVENTコーナーをご覧ください。


お問い合わせ、御意見はinfo@handicapped-motorsport.com
©2004 Physically handicapped person Motor sports Promotion association