当振興会のデモカー?です!!

SUBARU IMPREZA WRX−STI(レプリカ仕様)グイドシンプレックス 932オートクラッチシステム
サベルト6点式ハーネス(運転席・助手席)・レカロSP-G2(運転席・助手席)・ブリッツブーストコントローラー&エアクリーナー
19点式ロールゲージ・等々・・・
SUBARU IMPREZA WRX−STI(レプリカ仕様)カッティングはALL自作です!サイドとトランクの六連星は塗装です。フロント周りが05年仕様・リアフェンダーが04仕様のブリスターフェンダーになりました。
左の画像が、オートクラッチのセンサーです。シフトチェンジの際、ノブに触れればクラッチが切れて、手を離せばクラッチが繋がります。 シフトノブに触っている限り、空ぶかし状態でいつまでたっても発進しません・・・
右の画像は私の場合、クラッチペダルを脱着式にしたので普段は外しています。
30点ロールゲージと、ミスファイアリングシステムにより焼けたリアバンパー
WRCワークスマシンと同じインカム。
バックギアに入っているところです。右の画像でお解りになると思いますが、エンジンがかかった状態でもオートクラッチシステムの為、エンストしません。 コンピューターが回転数・車速・アクセル開度・ブレーキング等の情報を関知してクラッチをミートしますので、この状態ではクリープ現象もありません。但し、シフトアップ・ダウンの 認識がないので、シフトアップ時は特に気にしないでも大丈夫ですが、シフトダウン時はアクセルを煽って回転を合わせてからでないと、タイヤロックします。 ヒール&トゥは必須条件?では無いですが、出来るに超したことはありません!また、センサーは赤外線センサーの為、グローブなどの素材や色によっては 反応しないときもあります。タッチセンサーをボタン(最新型はレバー?方式)に変えることで解消しますが、私個人はタッチセンサーの方が操作しやすいと思います。

グイドシンプレックスオートクラッチの動画   ツインモードクラッチの動画
カーナビと息子専用のDVDモニター。こんな仕様でも子供のために付けました!走行時は最大ボリュームでないと音声は聞こえません・・・パイオニアのDVDは音声の設定が低いようです。 DVDはユニットに差し込み&6連チェンジャー・CDは12連のチェンジャーです。右の画像はDVDモニターを格納したところと、格納時に現れる水温計・油温計・油圧計。
ちなみにDVDの映像は何の映画のワンシーンでしょう?お判りになった方はこちら!!まで。正解しても何も出ません・・・

上:SUBARU WORLD RALLY TEAMのペター・ソルベルグ選手がサインしているところ。
  何処でサイン頂いたかは内緒です・・・
下:ペター・ソルベルグ選手、新井敏弘選手、奴田原文雄選手のサイン入りフルバケ


お問い合わせ、御意見はinfo@handicapped-motorsport.com
©2004 Physically handicapped person Motor sports Promotion association